優美な時を〜JohnnyRoger Tourbillon〜

トゥールビヨンとは、1800年頃に、天才時計技師アブラアム・ルイ・ブレゲ氏によって、発明された複雑機構です。

姿勢差によって、誤差が変化するという機械式腕時計の弱点を克服するために、機械自体を回転させる事によって、姿勢を平準化しています。

時計を製作する技術のなかでもっとも複雑な機構のひとつです。
地球上の重力の影響により生じる誤差を時計自身が自ら補正する特殊機構で、200年以上も前に発明され、当時の懐中時計に組み込まれました。

非常に複雑な機構であるため、20世紀後半には、世界でも製作出来る職人は10人に満たないとまで言われ、ミニッツ・リピーター、永久カレンダーとともに、腕時計の三大機構として並び称されています。

原理としては、通常の機械式時計では固定されているがんぎ車と振り子の役目を担う天符を、特殊なケージ(籠)に収め、ケージそのものを回転させながら同時に固定された歯車をも駆動させ、不均衡を平均化し精度を高める装置です。

  • Home
  • About
  • Blog